小さな収入を20個持つことができれば大きな収入に   
投資

【失敗しない不動産投資】駐車場経営は儲かる?メリットとデメリットを紹介します。

日本には、遊牧地や空き家のまま放置されている土地がたくさんあります。

土地の所有者は土地を持っているだけで多くの税金や諸問題が発生します。それらの問題を解決する為には土地を有効活用して収入を増やす必要があります。

土地持ちは、ぼけっとしている暇はありません。

資産を引き継いだり、購入した者には、それなりの義務が発生します。

さて、土地活用の方法として、「賃貸経営」「駐車場経営」の2種類があります。

「賃貸経営は、多額の資金が必要な上にリスクが高い。」

「駐車場経営は賃貸経営に比べて資金も安く済み、リスクも低い」と言われています。

どちらが利益率が高いのでしょうか。それはズバリ、賃貸経営です。

しかし気楽さで言えば、断然駐車場経営です。土地活用初心者には、駐車場経営がおすすめです。

駐車場経営は、ローリスク、ローリターン!

今回は、気楽に始められる駐車場経営について解説しましょう。

目次▼

①駐車場経営の種類

②駐車場経営のメリット

③駐車場経営のデメリット

④駐車場経営に向いている人

⑤駐車場経営の難点、高額固定資産税の減らし方とアドバイス

①駐車場の種類

駐車場経営には、「月極駐車場経営」と「コインパーキング経営」の2種類があります。

どちらも少ない資金で始められ、撤退する時も時間がかからない点がメリットです。

経営方式としては、3種類あります。

1.一括借り上げ方式

2.管理委託方式

3.自営(個人で頑張る)

です。

まず、一括借り上げ方式の場合は駐車場の空きに関係なく毎月一定額の金額を頂けます。その代わり、手数料は割高です。手取り額で言えば、自営方式が1番高いと思います。

管理委託方式は、一括借り上げ方式と同じように管理を任せられるが毎月の賃料は収益に比例します。

あとは、全て自分でやる自営方式。広告を出すことから始まり契約や入金チェックまで全てやらなくてはいけません。なかなか大変です。ですが、手数料を払わないぶん、利益は高いです。

管理委託をお願いすると365日24時間対応してくれます。個人で頑張るもよし、委託管理してもらうもらよし。

次に「月極駐車場」と「コインパーキング」どちらが儲かるか?

どちらも土地の相場がありますが、やりようによっては「コインパーキング」の方が儲かる場合が多いようです。

例えば、コインパーキングの場合、「最大料金」「夜間料金」等で周辺の駐車場と差別化できます。そのため、ニーズに合った料金設定にすることで「月極駐車場」より稼ぐ事ができるようになります。

工夫次第ですね。

↑↑↑↑

この様に、大きいサイズの車用の駐車場があれば安心ですね。最近は、ワイド車が増えてますから。

キーワードは、「差別化」!

良いアイデアはありませんか?

②駐車場経営のメリット

駐車場経営は、アパート等の賃貸物件を建てる必要がないため、初期費用が少なく済みます。土地によっては、自己資金0円でも始められます。わざわざローンを組みリスクを負って経営するのと違い手持ちの資金で十分足りる人も多いのではないでしょうか。

「気軽に」「気楽に」「ストレスなく」始められます。

また、建物のように場所が制限されることもなく狭小地や変形地でも簡単に始められます。もし、地震が起きても建物じゃないため安心です。災害に強い土地活用です。

・高額借入なし

・規制なし

・地震も安心

三拍子揃ってますよ!

オマケに、駐車場経営に資格は要らない!

それにもし、売却する事になっても売りやすい。

メリットたくさんあります。

③駐車場経営のデメリット

それは、ズバリ固定資産税が高い!

これにつきます。これは、痛い!

アパートやマンションなどの建物は、固定資産税が優遇されています。駐車場は、減税の対象ではありません。賃貸経営に比べ、駐車場代は安いのに固定資産税は高い。

気楽に土地活用したい人は、高い固定資産税を払って駐車場経営して下さい。駐車場代の収入が少なくても、決まった額の高い固定資産税を毎年払わなければなりませんが。一概には言えませんが、私の経験では、駐車場のみの固定資産税は、古屋付きに比べ3倍近い金額の固定資産でした。路線価にもよると思います。

駐車場経営は、ローリスクだけど、ローリターン!

気楽さを取るか、借入リスクを取るか?

悩ましい!

それと、忘れてはならない車離れや景気悪化による「駐車場の空き」。

周辺住民や借主とのトラブルやクレームです。

といったもの。個人でこれらデメリットに対応できるなら良いですが、管理費がかかりますが委託管理なら全ておまかせできて安心です。

④駐車場経営に向いている人

・資金をかけずに土地活用したい人

・転用性や流動性を残したまま土地活用したい人。将来まだ、どうするか決まってない人。

・将来、相続税などを土地の売却益で支払いたいから短期間だけ土地活用したい人

・小狭地や、いびつな形をした土地なので建物が建築できないが土地活用したい人

・既に建物がたっているが、空きスペースを有効利用したい人

さあ、あなたは駐車場経営に向いていますか?

⑤駐車場経営の難点である高額な固定資産税の減らし方とアドバイス

古家付きの土地を所有していますが、そこをどうするか検討していた時の経験をお話しすると、

1,古家を壊して更地にし駐車場経営するか

2,古家を新しく建て替えてアパートやマンションの賃貸経営をするか

3,第3の選択とは?

まず、それぞれのシュミレーターを具体的な金額を出し検討しました。その結果、

最終的には、第3の選択になりました。

それは、古家を増改築し、2軒前に分けて貸し出す。そして、駐車場が前に4台取れたのでバラバラに月極駐車場にしました。

経営方式は、管理委託方式にしました。

結果、賃貸の良いところと駐車場の良いところとの二重取りになりました。

1から新築を建てるより増改築の方がずっと安上がりです。おまけに、古屋があるおかげで駐車場があるにも関わらず固定資産は、3分の1ですみました。

・古屋を残す事で高額の固定資産税をクリア

・高額の建築費をリフォームする事でクリア

所有している場所や地形など、様々なケースがあると思いますが、少しでも私の経験がお役にたてると幸いです。

メリット、デメリットを比較検討して、より多くの収入が上がるようお互い経営を頑張りましょう。



ABOUT ME
チェチェジーナ
チェチェジーナ
薬剤師ブロガー。 アマニスタとぶーにゃんハスキーという二匹の金食い虫のために小売業や不動産賃貸業などの副業に手を出す。その後、副業が高じて事業を拡張。目標は法人成り。 株式投資は投資歴20年。 バブル崩壊、リーマンショック、新型コロナショックを何とか切り抜けてきた勢いをかってブログやインスタンスを始めるはめに...