小さな収入を20個持つことができれば大きな収入に   
食べ歩き

【覚王山グルメ】思わず立ち寄りたくなるベーカリー。本山・覚王山の人気パン屋さん!

「焼きたてのパンの香りが好き」という方も多いのではないでしょうか?フラフラと香りにつられて立ち寄ってしまった経験がある人は私だけではないはずです。

東海地方と言えば、「モーニングカフェ文化発祥の地」と言われるだけあって美味しいパン屋さんが沢山あります。皆さんもモーニングにおやつに手土産にと、それぞれお店を使い分けているのではないでしょうか。

目次▼

①覚王山駅から徒歩1分京都の老舗「グランディール」

②覚王山駅から徒歩7分「PAINYAGYU」

③銀座 「に志かわ」

①覚王山駅から徒歩1分京都の老舗「グランディール」

覚王山駅4番出口すぐの所にある「GRANDIR」

パンの激戦区と言われている京都の老舗ベーカリーが2017年10月13日に名古屋市内に上陸した店です。オシャレな外観は高級住宅街の覚王山にマッチしています。すぐ側には、高級スーパーの「フランテ」があります。

おすすめは、やはり「パニーニ」。私が食べたパニーニの中ではこのグランディールのパニーニが1番でした。ただ、小さくてお値段も高級です。

他にも高級食パン「京」もあります。

そして宇治茶 祇園辻利の「京あんぱん」

これがまた絶品です。ただの抹茶アンパンではありません。京都の宇治茶専門店「祇園辻利」とのコラボ商品。上品な抹茶のブリオッシュと特製のマスカルポーネ餡と栗が入っています。

休日のお昼に買いに行ってみると、ラスト1個でした。やっぱり、売れるの早いですね。どうしても食べたい人は早い時間に行くのをオススメします。

②覚王山駅から徒歩7分「PAINYAGYU」

覚王山駅から下って徒歩7分のところにある「PAIN YAGYU」

シンボルマークが野牛?なので最初はステーキ屋さんかと思ってしまいました。

PAIN YAGYUを何と読むのか?

調べてみると、「パンヤギュウ」でした。

改装で外観も綺麗になり、軽食コーナーも出来ています。今は新型コロナウィルスのせいで行きにくいですが、終息した暁には是非店内でパンを味わいたいものです。

こちらは、雑誌にも取り上げられましたが「クリームパン」が有名です。

2019年東海ウォーカー12号のBest of pan クリームパン部門で1位獲得しました。

何十回と通っているので店先でクリームパンを片手にInstagram?写真を撮っている親子に遭遇した事もあります。

クリームパンも美味いのですがそれだけではありません。

定番もありますが、お惣菜パンは季節によって入れ替わるのでお店に立ち寄るのが楽しみになります。

冬限定の「栗とクリームのサンド」は絶品です。

写真に上部に写っているのが定番の「サラミとチーズのサンド」「鯖サンド」

左下に写っているのが「カレーパン」

あまり辛くないので私はこちらのカレーパンが1番好きです😘

こちらのお店は、新型コロナウィルス対策もしっかりしてあり一度に店内に入れるのは1組だけです。なので店先にはたえず数人が並んでいる状態になっています。パンヤギュウを探すのなら戸外の行列を探してみてください。

また、お値段も手頃なので毎日の朝食、ランチ、おやつにいかがでしょうか?

③銀座「に志かわ」

名古屋市本山駅から徒歩4分のところにある銀座「に志かわ」の水にこだわる高級食パン。

日本は空前の食パンブームです近くには、「乃が美」も出店しています。「乃が美」が出店した後に、銀座「に志かわ」ができたので味に自信があるのでしょう。

独自のアルカリイオン水を使用し、隠し味には蜂蜜が!

どおりで美味しいはずですね。個人的には、ミミの方が好みです😘

何にも付けずにそのままたべるのがいいですね。

ABOUT ME
チェチェジーナ
チェチェジーナ
薬剤師ブロガー。 アマニスタとぶーにゃんハスキーという二匹の金食い虫のために小売業や不動産賃貸業などの副業に手を出す。その後、副業が高じて事業を拡張。目標は法人成り。 株式投資は投資歴20年。 バブル崩壊、リーマンショック、新型コロナショックを何とか切り抜けてきた勢いをかってブログやインスタンスを始めるはめに...